自信が無ければ、相談を

交通事故には、その事故そのものの内容だけではなく、その事故後にも影響する問題が起こることが多くあります。『責任』の問題で、当初相手側は全面的に非を認めていたにも関わらず、後からそれを覆して、こちら側にも非があるということを主張してくるかもしれません。また、その場で、示談で納めてしまうことによって本来受けられるはずの賠償が受けられなくなる可能性もあります。理不尽、と思えることが発生しやすい、それが交通事故なのです。

果たして私達自身がそのような状況に陥ったときに、全く正しい、毅然とした対応を取ることができるでしょうか。相手の言い分に関して、自分の主張、事実を貫くことができるでしょうか。法に則った手続きができるでしょうか。その点で少しでも自信がない、と思われるなら、ぜひ弁護士に相談して、対応を仰ぐことにしましょう。ももちろん弁護士は、交通事故以外の事柄にも対応します。しかし、より交通事故を扱った件数が多い弁護士に依頼することができるかもしれません。

安全が100%約束されていない世の中だからこそ、危険に陥ったときにのための準備をしておく必要があります。それは、必ずしも一人で解決しようとせず、その道の「プロ」に相談できるようにしておくこと、それが大切です。

目先のコストだけを考えない

弁護士に何かを依頼するときにには、必ずと言って良いほど『費用』が掛かります。何かを弁護士に相談するときに、それによって得られる結果と、掛かる費用を天秤にかけることがあるかもしれません。では、交通事故において、それはどのような意味を持つのでしょうか。結論から言えば、弁護士費用が掛かったとしても、交通事故の慰謝料等に関する相談は、行った方が良い、と言えます。統計上、一人ですべて行うのと、弁護士に依頼したときを比較するとやはり弁護士に依頼する方が、賠償額が高くなっている場合が多いのです。

目先だけのコストを考えるか、または今後の生活のことも考えるか、という点を挙げるなら、後者の方がはるかに賢い選択であると言えます。もちろん、弁護士に依頼したからと言ってすべての場合においてうまく物事が運ぶという訳ではありませんが、そういったことに前例のない私達が行うよりも、法律のプロと言える弁護士に依頼した方が良い、と言えるのは明白です。

特に、交通事故によって何らかの後遺障害を負っているときに、その後遺障害の等級が何級として認められるか、という点は保証金の金額に関わります。等級が引き上げられる可能性を考えるなら、弁護士に相談した方が良いと言えます。

弁護士に依頼するメリット

なぜ交通事故の問題に直面したときに、弁護士に頼ることが良い方法である、と言えるのでしょうか。まず、私達一人ひとりでは、様々な手続きや交渉に時間、手間が掛かり、方法を間違えやすいという点が挙げられます。交通事故の被害者となった場合、どのくらいの実害があるかどうかに関わらず、相手側が加入している保険会社と交渉を行うことになります。これは、いわゆる『慰謝料』…それを含む賠償金の額を上下させます。この交渉は私達が行うこともできますが、弁護士に依頼した方が良い確かな理由があります。

まず、弁護士に依頼することによって、賠償金の引き上げが可能かもしれないからです。正確に言うと、本来受け取れるはずの賠償額を受け取れる可能性が高くなる、ということです。交渉においては、『責任』の割合、が重要となります。『過失割合』という言い方もしますが、相手方に完全に非があるように思えるような事故であっても、私達の方にも少し過失が認められてしまう場合もあります。

その点で、できるだけ相手の過失割合を引き上げられるかどうか、という点が賠償金に関わります。この点で有利な交渉を行える弁護士の助けは強力で、可能であれば依頼するべきである、と言えます。

参考サイト>>>交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

交通事故―例外ではない

『相談すること』と、『相談できる』こと、これは私達が生きていくうえで、非常に大切なこと、と言えるのではないでしょうか。私達は、ときおり様々な悩みを抱えて、誰にも相談できない、自分で解決しなければならない、と思い込んでしまうこともあります。もちろん、問題をよりよい解決へ導くためには、相談する相手を選ばなければなりませんが、そのように一方踏み出すことで、問題が非常に良い方向へ向かう、ということがあります。皆さんも、経験されたことがおありかもしれません。

問題が大きければ大きいほど、自分一人で抱え込んでしまうことがあります。さらに、その問題から逃げようとしてしまうことさえあります。ときにそれは、問題の解決を遅らせているだけ、と言えるかもしれません。緊急性が求められる場合であれば、特に解決を遅らせること、というのは危険である、と言えます。では、問題解決を遅らせることが、非常に危険であるケースには、どのようなケースがあるのでしょうか。

その一つに、『交通事故』に関するケースがあります。交通事故は、私達誰にでも起こりうる問題です。そして、場合によって被害者にもなれば、加害者になってしまうこともあります。人の命が関係しているこの問題は、迅速な対応が求められる、と言えますが、それは私達が、『損をしない』ためにも重要なこと、と言えます。一人で解決しようとするのではなく、『弁護士に相談すること』…これが『損をしない』ための方法と言えます。